幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

海外リゾートホテルで自宅みたいに快適に過ごす3つの裏技を紹介する

f:id:usayoshi:20180412083303j:plain

皆さんこんにちは。旅好きOLのうさよしです。


私の海外旅行の目的はズバリ「高級ホテルでゴロゴロのんびり、日ごろの疲れを癒すこと」なんですが、
せっかく高いお金を払って素敵なホテルに泊まるなら、他人の家みたいに「きれいに保たなきゃ!」とけちけちするのではなく、まるで自宅みたいに悠悠自適に過ごしたいですよね~。


リゾートホテルって高級であればあるほどアメニティとかも充実してて、特にヴィラだったりするとももはや玄関とかもあったりしてまじで家みたい。
ここが家だったらいいのにといくら思ったことか。

 

それは叶わぬ夢でも、せめて宿泊中の数日だけは自宅みたいにくつろぎたい!!
というわけで、まるでホテルを自宅かのようにくつろぎながら過ごす方法について書いていこうと思います。

 

 


部屋に着いたらまずスーツケースを空にしよう


あまり意識されたことないかもしれませんけど、いいホテルって、収納スペースがものすごいたくさんあるんです。
クローゼットとか、玄関とか、テレビ台の下とかベッドサイドとか、あとは洗面台とか。

思い切って、あれを使い倒すという発想をしてみてください。
つまり、部屋に入ったらまず、スーツケースに詰め込んできた洋服やらカバンやら靴やらをぜーんぶ出して、それぞれ自分の使い勝手のいいところに収納するんです。まるで家の収納みたいにね。


どんなにお部屋が快適で素敵でも、いちいち着替えとか荷物をスーツケースからちょくちょく取り出して。。。ってするのって、
なんか「いつでも帰れる準備マンタンの旅行感」満載で自宅みたいにくつろげない。
でもそれが、全部備え付けの収納にしまうことによって、

例えば朝に「今日は何を着ようかな~」なんて
ホテルの中のマイ・クローゼットを見ながら悩んだりできるわけですね。もう気分はまるでそのホテルの住人ですよ。


んでもって着終わって後は洗うだけ、っていう洋服もすぐにちまちまスーツケースにしまうのではなく、どこかテキトーなところにひとまとめにしておいておきましょう。
大概のホテルにランドリーバックがあるかと思いますので、とりあえずそこにポーンってしておくのがお勧めです。
んで、最終日に旅の思い出に浸りながらのんびりスーツケースにしまう。
長くて5~6泊だったとしても、スーツケースにしまうのなんてせいぜい1~2時間ですからね。

 

滞在中は、片付けとかは気にせず思いっきり自分の部屋のようにホテルの部屋を汚しましょう。
 


洗面台周りも忘れずに


洗面台まわりにも、備え付け収納は豊富です。女性の方でしたらメイク道具やらコテやら、荷物も多いと思いますので、自宅の洗面台と遜色ない使い勝手になるようにあちこちにいろいろしまい込みましょう。
クローゼット同様、超豪華な洗面台がまるで自分のメイクスペースみたいになるので、めちゃめちゃ気分いいですよ。


スナック菓子、コーヒー、紅茶、DVDは持参しよう


アメニティとして少しは紅茶とかお菓子とか、もちろんミニバーとかもありますが、さすがの高級ホテルでも種類が少なかったり値段が高かったりしますよね。
そんなときのために、普段自分がよく食べているお菓子とか、よく飲んでいる紅茶とかコーヒーとか持っていくと、自宅みたいに気軽にくつろげつつ、安く上がるのでおすすめ。

おすすめは、お湯を注ぐだけでスタバのコーヒーが飲めちゃうすぐれもののSTARBUCKS VIA。
スティックタイプでかさばることもないので、いっぱい持って行ってもぜんぜん余裕。

あと、お菓子はフライトでも割れたりしないように、カンに入ったものがベターです。


普段着ているパジャマを持っていこう


ほぼ全てのホテルで部屋にネグリジェやらバスローブやらが備え付けられているかと思いますが、、、
正直あんなセクシーなかっこで落ち着いて寝られるかよ!?!?って感じすよね。

少なくとも筆者は上下分かれたザ・パジャマで、おなかをズボンにしまわないとそわそわして眠れません。(子供か)


というわけで、大してかさばる荷物でもないので、普段着なれているパジャマを是非持って行って下さい。
普段と同じ格好で寝ることで、かなり自宅でくつろいでいる感が出るはず。


ブルートゥーススピーカーがあればなお良し


これは応用編ですが、ホテルでルームサービスを取ったり朝出かける準備をしたり、はたまたテラスでくつろいだりしているときに、お気に入りの音楽を流せたら最高ですよね。

そんな時にお勧めなのが、ポータブルブルートゥーススピーカ―です。


スマホとかを接続して、好きな音楽を流しながら部屋でくつろぐ。
めちゃくちゃ贅沢ですね~。


まとめ


いかがでしたか。数日の滞在でも、工夫次第でホテルを自宅のように改造することは可能です。
皆さんも次のご旅行の際にはぜひ、ホテルでのーんびりくつろいでみてくださいね。