幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

【500円以下】パケ買い必須!女子向けお洒落バリ土産 予算別4選

f:id:usayoshi:20180526113558j:plain

こんにちはうさよしです。

女子旅の旅行先として人気のバリ島。
旅行に行ったら欠かせないのがお土産選びですよね。

ついつい定番の無難なものを選んでしまいがちですが、せっかくならおしゃれでカワイイお土産を渡して喜んでもらいたい!

というわけで、バリ島のお洒落でかわいいお土産を予算別に纏めてみましたので、是非ご覧ください。

 

100円以下部門

awani baliのジャム

f:id:usayoshi:20180526113225j:plain

超お安い100円以下のお土産をお探しなら、awani baliのジャムがオススメ。

人気ショッピングエリアスミニャックにある「COCO SUPER MARKET(ココスーパーマーケット)」をはじめとして、各スーパーやお土産ショップ等で広く取り扱われています。

 

一番のおすすめポイントは、そのコンパクトなサイズ

普通、ジャムというと大きめの瓶に入っていたりして、「可愛いけど持ち帰るにはちょっと。。。。」となることが多いですが、

このawani baliのジャムは、直径4cmほどの超コンパクトサイズ。

小さいしとっても軽いので、お土産にぴったりのサイズなんです。

ばらまき土産用にたくさん買い込んでも、スーツケースがパンパンになるなんてこともありません。

f:id:usayoshi:20180526113200j:plain

さらに、ジャムのお味も、「マンゴー」や「グアバアンドパッションフルーツ」など、南国感満載のめずらしいものばかり。

色んなお味のジャムを買って、渡す人に好みの味を選んでもらうのも楽しいですよね。

 

300円以下部門

EAST BALI CASHEWS

f:id:usayoshi:20180526113131j:plain

300円以下で買えるお土産をお探しなら、「EAST BALI CASHEWS」シリーズがオススメ。

この商品、どうやら海外セレブなんかにも最近人気なようですよ。

こちらもスーパーや各種お土産店でたくさん見ることが出来ます。

 

「バリでナッツ?」と思われる方も多いかと思いますが、あまり知られていないものの、実はバリでは女性の雇用を拡大する目的でカシューナッツの栽培や加工が盛んなんです。

というわけで、この「EAST BALI CASHEWS」に使われているカシューナッツも100%バリ産のもの。

「無添加、グルテンフリー、トランス脂肪酸・コレステロールゼロ、、無農薬栽培」といった
オーガニックなナッツを使用しています。

 

そんな、商品コンセプトも素敵な「EAST BALI CASHEWS」、フレーバーもかなりたくさんあります。

プレーン、シーソルト、キャラメル、といったデザート系から、

チリクランチやガーリックペッパーといったおつまみ系までいろいろ揃っています。

中でも特にお勧めしたいのが、カカオフレーバー。実はバリは世界でも有数のカカオの産地で、EAST BALI CASHEWSのカカオ味にももちろんバリ産のカカオが使われています。
ほろ苦さと絶妙な塩気のバランスがくせになるお味です。

パッケージ良し、商品コンセプト良し、そしてお味良しと、三拍子揃ったハイセンスなお土産です。

 

500円以下部門

アースマーケットのオリジナルスパイス

f:id:usayoshi:20180526113429j:plain

自然派志向の方や、お料理好きな方にオススメのお土産が、スミニャックにあるオーガニックスーパー「アースマーケット」の各種オリジナルスパイス。

南国らしいものから定番のものまで、オーガニックにこだわったスパイスがずらりと陳列されています。

f:id:usayoshi:20180526113305j:plain

中でもおすすめなのが、こちらのチリフレーク。オーガニックなのに、日本より破格の値段で購入することが出来ます。

これがあれば、おうちでも本格的なエスニック料理を作ることが出来ますよね。

素朴でシンプルなパッケージも、魅力の一つです。

 

その他にも、カフェオーガニックにはオーガニックジャムやグルテンフリーのパンケーキミックス等、自然派志向の方に嬉しい食品が豊富に並んでいますので、是非立ち寄ってみてくださいね。

f:id:usayoshi:20180526113411j:plain

 

podのチョコレート

f:id:usayoshi:20180526113235j:plain

最後にオススメするのがこちら。バリ産のカカオを使用した、手作りチョコレートが自慢のpodです。

どうですこの可愛いパッケージ。フレーバー毎に異なるカラフルなパッケージは、ついついジャケ買いしたくなるほどお洒落ですよね。

フレーバーもたくさんあるのですが、チョコレートのサイズも様々。定番の板チョコタイプのものから、半分位のミニサイズ、更にはステックタイプのばらまき用まで、いろいろ揃います。

f:id:usayoshi:20180526113249j:plain

 ですがここで気になることが一つ。「常夏の島・バリでチョコレートなんて買ったら、持って帰る前に溶けてしまうんじゃないの?」と思いませんか?

というわけで、podをお買い求めの際は、街中ではなく是非空港でお買い求め下さいね。

バリ島からお帰りの際、出国ゲートをくぐった先の免税エリアにpodがたくさん並んでいるんです。

これなら、溶ける心配もありませんし、手荷物として機内に持ち込めるのでスーツケースの中で割れてしまう心配も不要ですよね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ついつい定番商品を選んでしまいがちなバリ島土産ですが、お洒落でおいしい、女子に喜ばれるものがたくさんあるんです。

みなさんも、バリ島にご旅行の際にはぜひステキなお土産をチョイスしてくださいね。

この記事が役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。