幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

利用者のリアル口コミ。ハワイアンブライダルサービスの5の魅力

f:id:usayoshi:20180420135117j:plain

こんにちはうさよしです。 

 

私はハワイで結婚式を挙げたんですが、その際現地の日本人が経営する

ハワイアンブライダルサービス」さんにトータルプロデュースをお願いしました。

 

hawaiianbridal.com


スタッフ数も少なく、小さなプロデュース会社さんではありましたが、
正直、めちゃくちゃおすすめです。

 

というわけで、プロデュース会社選びにお悩みのハワイ婚希望の皆さんに、
利用者の私がハワイアンブライダルサービス(長いので以下HBSと呼びます)の魅力を解説していきますので、どうぞお付き合いください。

 

 

 

一流カメラマンによる圧巻の写真クオリティ

 

f:id:usayoshi:20180420135132j:plain

HBSは、ハワイ在住のプロカメラマンTOMO氏が代表を務める会社です。
よって、もちろんウェディングプロデュース力も完ぺきではありますが、
写真のクオリティはさすがのものです。


日本からその時だけ派遣された、まあまあの技術のカメラマン、とかではなく、
ハワイを知り尽くした熟練のカメラマンが撮影をしてくれるので、安心して任せることが出来ます。

 

しかもこのTOMO氏、もともとはハワイのネイチャーカメラマンだったそうで、つまりハワイの自然を知り尽くしているんですね。
「せっかくハワイウェディングをするなら、青い空と海をバックに写真を撮りたい!」と誰しもが思っていますが、

常夏の楽園とはいえ、ハワイは天候が変わりやすく、ザーッと雨が降ったりすることもあります。

そんな万が一の時でも、TOMO氏は熟練の技術で、

その時にぴったりの撮影場所や撮影時間を臨機応変に決定し、最高の瞬間を残してくれます。
(私たちの撮影中も、移動の車の中でスマホで雲レーダーとかをチェックして、即座に撮影場所を決定していました。めちゃカッコいい。)

 

例えばこれ。

f:id:usayoshi:20180420135158j:plain

 

実はけっこう曇りがちな時間帯だったんですけど、写真を見ると全然そんな感じに見えず。

 

そしてお次はこれ。

f:id:usayoshi:20180420135211j:plain

 

ダウンタウンでの撮影中、なかなか雨が止まず「どうしようか。。。」って感じだったんですけど、なんとTOMO氏の判断で雨の中で撮影決行。雨のしずくがキラキラと光って、まるで映画のワンシーンのような仕上がりになりました。


その時にしかない自然を存分に生かした写真は、ハワイ在住の熟練カメラマンでなければなかなか取れないですよね。さすがすぎる。最高にお気に入りの一枚です。

 

安心のカウンセリング付きのヘアメイク

f:id:usayoshi:20180420135239j:plain

 

ハワイ婚だと、「ヘアメイクは当日対応可能な現地のヘアメイク(外人さん)がやります」みたいなことも多いんですけど、日本人好みのヘアメイクと全然かけ離れていたりして、なんだかものすごいケバい仕上がりに。。。みたいな話も良く聞きます。

ですが、HBSのヘアメイクさんは全員日本人で、最近の花嫁さんのトレンドなども熟知されていますので、仕上がりイメージもミスマッチなく共有しあうことが出来ます。


しかも、HBSご一行は年に数回来日されますので、タイミングが合えばその時に

ヘアメイクのリハーサルも可能です。

事前に担当のヘアメイクさんと話をして、イメージの摺合せを出来ることはとっても安心ですよね。
当日も、リラックスしてヘアメイクを受けることが出来ます。

 

コミュニケーションが非常に迅速、スムーズ

 

f:id:usayoshi:20180420135316j:plain

HBSは在ハワイの会社なので、基本的にやり取りはメールです。
「時差もかなりあるし、メールだけで、本当に大丈夫・・・?」とご心配されるかと思いますが、
返信も早く、説明もわかりやすく丁寧で、全くストレスを感じることがありませんでした。
「夕方にメールを送ったら、次の日起きたらメールが返ってきている」といった感じがほとんどで、
ほぼ回答を待たされることはなく、サクサクと話を進めることが出来ました。

 

サイトにほぼ全ての料金記載が有るので会計が明瞭

 

f:id:usayoshi:20180420135338j:plain

結婚式ってとにかくめちゃくちゃ費用が掛かるし、そのすべてがいろいろとブラックボックスですよね。
「見積もりでは3万円だったのに、終わってみたら5万円だった・・・・」みたいな。


でもHBSは、特段見積もりを依頼しなくてもサイトにほぼすべての料金の記載がされているから、きちんと実額を把握することが可能です。
(しかも料金は前払いなので、そこから大きく膨らむことはほとんどありません) 

 

きちんと値段を知って、納得した上で払う。
当たり前のことですが、いろいろと高くつくウェディング業界において、これはかなり良心的ですよね。


前日打ち合わせで担当の人と会える

f:id:usayoshi:20180420135353j:plain

 

HBSでは、新郎新婦がハワイに到着したら、挙式前日に必ず「前日ミーティング」を行ってくれます。
ここで、今までメールで遣り取りをしていた担当者と実際に会うことができ、
当日のスケジュールや疑問点について細かく打ち合わせをしてくれます。


カメラマン、牧師等への心づけ等、ハワイウェディング独自のマナーについてもいろいろ教えてくれるので、安心。
当日も、この担当の方が一日フルで付き添ってくれて、トータルコーディネートをしてくれます。


HBSで最高のリゾ婚を

f:id:usayoshi:20180420135409j:plain

 

いかがでしたでしょうか。少数精鋭で経営しているHBSは、行き届いたホスピタリティと納得のクオリティで、ハワイでの結婚式を最高のものにしてくれるでしょう。
プロデュース会社でお悩みの皆さん、是非ハワイアンブライダルサービスを検討してみてくださいね。

hawaiianbridal.com

この記事が少しでも面白い!役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。