幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

日帰りだなんて勿体無い!南太平洋の宝石イルデパンの魅力を徹底解説

f:id:usayoshi:20180429150724j:plain

こんにちはうさよしです。

 

新婚旅行や、ダイビング旅行の行き先として大人気のニューカレドニア。中でもメジャーなのが首都・ヌメアですよね。

でもニューカレドニアには、たくさんの離島があって、そのどれもがそれぞれの個性を持った最高の場所なんです。

その中でも今回は、南太平洋の宝石箱とも言われているイルデパンの魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

イルデパンとは?

 イルデパンとはニューカレドニアの島の一つで、首都で一番の観光地であるヌメアから国内線飛行機で約30分のところにある島です。

f:id:usayoshi:20180429150758j:plain

飛行機からはサンゴ礁の絶景が!


島はまさに手付かずの大自然といった感じで、見渡す限りの緑と、青い空

ぽつぽつと家や教会が建っていたりと、島の方達は素朴な田舎暮らしをされています。

そんな、いってみればなーんもない島です。

 

イルデパンの魅力

それではそんななーんもない島に、魅力なんてあるの?ということになりますが、それが大アリなんです。

 

手付かずの大自然

見てくださいこの海の色。ここは南太平洋の宝石と呼ばれるにふさわしい、最高に美しい海があるんです。

ホテルのプライベートビーチでもこんなだし、

f:id:usayoshi:20180429150913j:plain

島一番の観光名所「ピッシン・ナチュレ」はこんな感じ。

f:id:usayoshi:20180429151414j:plain

奥の方に真っ青に見えるのは全て透き通った海水なんです!

ピッシン・ナチュレとは、海が流れ込んで出来た波のない天然のプール。

ここには熱帯魚達がものすっごいたくさんいまして、水も透明だからもう潜らなくてもお魚が見えちゃうくらい。

波もないので大人から子供まで楽しめる最高のシュノーケルスポットです。

 

首都ヌメアにも綺麗なビーチはありますが、街のど真ん中にあったりとなかなか人工的な感じで、人もとても多い。

イルデパンなら、まさに文字通り「手付かずの自然」の中で自然の神秘に出会うことができます。

 

ホテル

f:id:usayoshi:20180429151055j:plain

イルデパンにはいくつかホテルがありますが、そのどれもが自然と調和したこぢんまりとした静かなホテル。

人工的な建築ではなく、自然を活かし自然に溶け込むような設計で、大自然の中でキャンプを楽しんでいるような錯覚に陥ります。

夜には辺りは静寂につつまれ、空に満点の星が光る。そんな大自然の中で眠ることができるんです。

豪華なリゾートホテルでのんびりとバカンスを過ごしたい人に、イルデパンのホテルは最高なんです。

 

イルデパンのおすすめの楽しみ方

ホテルでのんびり

f:id:usayoshi:20180429151015j:plain

これにつきます。

是非ともヴィラタイプの部屋をチョイスして、ホテルに篭ってのーんびりした時間を過ごして見てください。

昼はホテルのアクティビティに参加して、シュノーケルやシーカヤックを楽しんだあと、自然の音を聞きながらお昼寝。

夕方日が沈んで涼しくなってきた頃にのんびりビーチサイドを散歩して、そのままディナーを食べにレストランに。

ディナーの後は部屋に戻り、キャンドルなどなるべく自然の光の中で紅茶を飲んで過ごす...

 こんな贅沢すぎるスローライフが、イルデパンなら最高の環境で楽しむことが出来ます。

 

イルデパン、こんなところに気をつけて

f:id:usayoshi:20180422171022j:plain

 そんな自然たっぷりのイルデパンですが、自然たっぷりだからこそ注意しなければいけない点もあるんです。

それについてはこちらの記事をご覧ください。

 

www.tanebi-life.com

  

ニューカレドニアに行ったらイルデパンに泊まろう

f:id:usayoshi:20180429151159j:plain

いかがでしたでしょうか。

ニューカレドニアにご旅行のみなさんは、ほとんどが首都ヌメアへの滞在だけがと思います。離島に行ったとしても、そのほとんどが日帰り。

でも、宝石のような大自然を存分に味わうためには、ぜひイルデパンに宿泊をしてみてくださいね。

大自然に身を任せのんびりとした時間を過ごし、イルデパンの魅力を最大限満喫して下さい。

 

この記事が面白い!役立った!と思ったら、ぜひブックマークやSNSでのシェアをお願いします。