幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

知る人ぞ知る穴場!ワンランク上のマカオ・フォトジェニックスポット9選

こんにちはうさよしです。

女子旅の目的地として人気が上昇しているマカオ。西洋と東洋の文化が入り混じったこの国には、たくさんのフォトジェニックスポットがあるんです。

www.tanebi-life.com

 でも、定番のフォトジェニックスポットは色んなサイトで紹介されていますから、既に知っているよ!という方も多いかと思います。

というわけで、知る人ぞ知る穴場のフォトジェニックスポットをどどんと9選ご紹介したいと思います。どうぞお付き合いください。

 

 

セナド広場近くの路地

f:id:usayoshi:20180609104647j:plain

マカオに来たなら必ず訪れるであろう、ド定番のフォトジェニックスポット・セナド広場。
一日中たくさんの観光客で大賑わいしています。

というわけで、セナド広場はいつ行っても写真を撮るのが大変なんですよね。

そこでおすすめなのが、セナド広場のすぐ近くにある路地。

かわいいクリーム色の壁に囲まれた細い路地に、カラフルな花が咲き乱れていて、絶好の撮影スポットなんです。

しかも、少し奥まっているから、セナド広場の中心地よりは人も少ないんです。
こんな感じでフェンスに寄りかかって、こなれた写真を撮ってみてはいかがですか。

f:id:usayoshi:20180609104707j:plain

 

民政総署のアズレージョ

f:id:usayoshi:20180609105103j:plain

セナド広場の直ぐ向かいにある、「民政総署」。

入口は何の変哲もない古い建物ですが、一歩入るとマカオの伝統的なポルトガル風タイル「アズレージョ」で溢れています。

マカオにアズレージョはたくさんあれど、ここまでたくさんのアズレージョが一つの場所で見られるのも珍しいですし、アズレージョの柄も非常に伝統的で、ザ・マカオ!というとても素晴らしいものなんです。

セナド広場に行ったら、是非民政総署にも足を運んで下さいね。

f:id:usayoshi:20180609105135j:plain

 

ポルトガル語学学校のアズレージョ

f:id:usayoshi:20180609105221j:plain

さて、アズレージョのフォトジェニックスポットをもう一つ。

歴史的地域から離れた、マカオ市街地の中心部にあるポルトガル語学学校。

この外壁にも、かわいらしいアズレージョがびっしりと並んでいます。

ここのアズレージョは、民政総署のオーソドックスなアズレージョと少し違って、

黄色が入っていたり柄も少しかわいらしかったりと、ポップな印象。

近くの有名エッグタルト店「マーガレットカフェ・イ・ナタ」のエッグタルトと一緒に写真を撮るのも、とっても素敵です。

f:id:usayoshi:20180609105234j:plain

 

ラザロ地区の白が美しい石畳ストリート

f:id:usayoshi:20180609104608j:plain

異国情緒漂う街並みが人気の定番フォトジェニックスポット・ラザロ地区。

ここでは色とりどりのパステルカラーの建物が並んでおり、それを写真に収めるのが定番になっていますよね。

でも、ラザロ地区の少し端の方には、シックな印象の白い建物がたくさん並んだストリートがあるんです。

石畳の上のヨーロピアンな白い建物たちは、まるで南イタリアとかスペインとかの、陽気なヨーロッパの雰囲気を彷彿とさせます。

 

福隆新街のレトロな赤シャッター

f:id:usayoshi:20180609105317j:plain

中華圏ならではの魅力が溢れてるのが福隆新街というエリア。

もともと一大歓楽街だったいうこのエリアは、昔ながらのしぶ~い中華風の建物が軒を連ねています。

シャビーな赤いシャッターを前に写真を撮れば、まるでタイムスリップしたかのような幻想的な写真を撮ることが出来ますよ。

f:id:usayoshi:20180609105333j:plain

 

タイパビレッジのポップなウォールアート

f:id:usayoshi:20180609105354j:plain

コタイ地区にあるタイパビレッジは、かつて漁村だったという背景もあり、細い路地にたくさんの店が並び、今も活気に溢れています。

メインストリートにはお土産やさんや穴場レストランが所狭しと並んでいますが、一歩外れると、そこにはパステルカラーのポップなフォールアートがたくさんあるんです。

こんなウォールアートと一緒に写真が撮れたらとっても楽しいですよね。

f:id:usayoshi:20180609105413j:plain

 

f:id:usayoshi:20180609105431j:plain

ポルトガルの香り漂う缶詰屋「ロージャ・ダシュ・コンセルヴァシュ」

f:id:usayoshi:20180609105457j:plain

セナド広場からすぐのところにある缶詰屋さん、「ロージャ・ダシュ・コンセルヴァシュ」。

www.tanebi-life.com

 

壁一面に並んだ缶詰めがフォトジェニックなこちらのお店は、お土産にも最適な、ポルトガル製の缶詰めを豊富に取り扱う専門店です。

お店の中だけでなく、缶詰めのパッケージももちろんキュート。写真を撮るだけでなく、たくさん買い込みたくなる素敵な商品が揃っています。

f:id:usayoshi:20180604090421j:plain

 

話題沸騰のレトロ喫茶「Sam Pou」

f:id:usayoshi:20180605090309j:plain

旧ポルトガル領の街並みを色濃く残す歴史地区・ラザロ地区の近くにあるカフェ。

レトロで異国情緒漂うこのカフェは、そのキッチュな内装と気取らない絶品ソウルフードが人気を博し、現在マカオ内で大人気となっています。

www.tanebi-life.com

 

一昔前のマカオに迷い込んだような雰囲気の中で、ポップで可愛い写真を撮ることが出来ますよ。

f:id:usayoshi:20180605090346j:plain

 

女子受け間違いなしのアフタヌーンティ「チャベイ」

f:id:usayoshi:20180609105743j:plain

最後にご紹介するのがこちら。コタイ地域のホテル「ギャラクシー・マカオ」の中に位置するカフェ「チャベイ」です。

淡いパステルカラーで統一された店内は、大きな花びらのデコレーションやボタニカルアートなど、女子心をくすぐる可愛いインテリアでいっぱい。

こちらではアフタヌーンティを楽しむことが出来ますので、ぜひ楽しんでみてくださいね。

シーズンによって、有名ブランドとコラボレーションしたメニューもありますので、(私が行ったときはマークジェーコブスとのコラボ中でした)何度行っても違うメニューを味わうことが出来ますよ。

f:id:usayoshi:20180609105809j:plain

 

マカオで「インスタ映え」を楽しもう!

 いかがでしたでしょうか。
マカオには定番のフォトジェニックスポットがたくさんありますが、まだまだ知られていないマイナーなスポットもたくさんあるんです。

皆さんもぜひ、マカオにご旅行の際には、人よりちょっとレベルの高いステキな写真を撮るべく、今回ご紹介したスポットを巡ってみてくださいね。

この記事が役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。