幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

ガイドブックには載ってない!ニューカレドニアに本当におすすめなレストラン5選

f:id:usayoshi:20180602093047j:plainこんにちはうさよしです。

新婚旅行先やダイビングスポットとして人気のニューカレドニア。

今回は、一番の観光地である首都ヌメアのおすすめのレストランを紹介していきたいと思います。どうぞお付き合いください。

ヌメアの王道レストラン

Le Roof(ルルーフ)

f:id:usayoshi:20180603123108j:plain

まずはじめにご紹介するのは、ヌメアで知らない人はいない王道のレストラン、「Le Roof(ル ルーフ)」です。

アンスバタビーチに位置するこちらのレストランは、なんと海に突き出た桟橋の上に立つ、海の上のレストランなんです。

最高の景色を見ながら頂くお料理は、ニューカレドニアテイストをミックスした創作フレンチの数々。

ニューカレドニア名産の「天使のエビ」等、豊富な海産物を使用したお上品なメニューが揃っています。

ですが、もともと物価の高いニューカレドニア。観光客向けの高級レストランである「ルルーフ」は、お値段もかなりハイプライス。アラカルトで頼んでも、ドリンクも含めると軽く1万円/人は超えてしまうでしょう。

それでも、絶景を楽しみながら食べる創作フレンチは他には変えがたい魅力です。

ヌメアにお越しの際は、一度は寄ってみたい憧れレストランですね。

カジュアルな街中レストラン3選

さてここからは、気楽に立ち寄れる街中のアットホームなレストランをご紹介します。

ルミレッティガスコン

f:id:usayoshi:20180603123058j:plain

私がヌメアで一番おすすめしたいお店がこちら。
アンスバタビーチの近く、少し住宅街を進んだところにある、フランス料理の一軒家レストランです。

外観もさることながら、店内もまるでフランスのカジュアルなビストロのようなかわいらしい雰囲気です。

「フランス料理」というと、堅苦しい雰囲気で、料理は少ないのにお値段はなかなか張る。。。というイメージがありますが、
このレストランは接客もアットホームな感じで、お料理もボリューミー、なおかつお値段も良心的。

とってもコストパフォーマンスがいいお店なんです。

さらに、日本語メニューもあるので、英語やフランス語が出来なくても安心。

お料理は、お肉やお魚をふんだんに使ったフランスの家庭料理のような気取らないメニューがたくさん揃います。「天使のエビ」も良心的なお値段で頂くことが出来ますよ。

f:id:usayoshi:20180603123120j:plain

中でもおすすめしたいのが、サービスで出てくるフランスパン。

バケツでドカーンと頂けるサービスのパンは、焼き立てでほっかほか、外はカリッと中はもっちりしていて、さらに小麦の甘みをしっかり感じることが出来る、まさに絶品のパンです。

パンでおなかいっぱいにしないように、気を付けてくださいね。

ハノイ・プラージュ

www.tripadvisor.jp

アンスバタビーチの海沿いの道路に面したベトナム料理のお店、「ハノイ・プラージュ」。
ベトナム料理の定番・フォーや生春巻き等、さっぱりしたお味のメニューが数多く揃っています。

欧米系の料理が多いニューカレドニアで、軽めのお食事をしたいときには非常に重宝するレストランです。

夜7時頃になると非常に混雑しますので、少し早めの時間に行くのが吉。

道路沿いのオープンエアーのお席をゲットできれば、夕焼けと爽やかな海風を楽しみながら、ほっとするベトナム料理を頂く事が出来ますよ。

気になるお値段ですが、いくらカジュアルなベトナム料理とはいえ、そこは物価の高いニューカレドニア。

フォー一つで1800円とか余裕でします。(たっか!!)

コスパがいいかは微妙なところですが、お味は間違いないのでご安心くださいね。

ルロシェ

f:id:usayoshi:20180603123158j:plain


海沿いの高台の上にある絶景のレストランがこちら。

駐車場の奥にひっそりとあるので、わかりづらいかもしれませんが、お昼時になると毎日大混雑するガレットの専門店です。

お店は全てオープンエアーで、眼下に青い海の絶景を見ながらお食事をすることが出来ます。

メニューはほとんどがフランスのソウルフードであるガレットですが、野菜やお肉を使ったお食事系から、甘いスイーツ系まで数十種類が揃っていますので、選ぶのに苦労してしまうほど。

しかも日本語メニューが用意されていますので、安心してオーダーすることが出来ます。

ガレットというと、どうしても「ボリュームが少ないのでは?」と心配してしまいますが、ルロシェのガレットは超特大サイズ。一人一皿食べきるのも大変なくらいです。

しかもお味も絶品ですので、是非ランチで訪れてみてくださいね。

f:id:usayoshi:20180603123135j:plain



番外編・変わり種レストラン(?)

夕暮れ時のフードトラック

さて、ここまでおすすめのレストランをご紹介してきましたが、どこもお味は間違いないものの、気になるのがそのお値段ですよね。

物価が高いニューカレドニア、ヌメアのレストランで食事をしようとすると、贅沢をしなくても一人3000円位は余裕でかかります。

せっかくの旅行とはいえ、毎食この値段になるのは辛い・・・!
そんな時に活躍してくれるのが、フードトラックです。

夕暮れ時になると、朝一(マルシェ)等がある街の中心地・モーゼル湾の近くの駐車場スペースに、十数台のトラックがずらーっと並ぶんです。

お食事は、チキンやクリーム煮込み等をご飯の上にぶっかけたボリューム満点のメニューが多く、それでいてお値段も1000円以下がほとんど。

どんなお店が出ているかはその日によって違うようですので、お楽しみに。

フードトラックで購入したお食事は、近くのベンチで食べるもよし、ホテルのベランダで食べるもよし。
気軽でコスパの良いディナーにもってこいです。

こちらの記事が良くまとまっていたので、ご紹介させて頂きますね。

www.tour.ne.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか。
旧フランス領の名残が残るニューカレドニア・ヌメアには、魅力的なレストランがたくさんあります。

皆さんもぜひ、お気に入りのレストランを見つけてみてくださいね。

この記事が役に立った!と思った方は、ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。