幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

最新版・意外にお高いプーケットのタクシー。失敗しない為に知っておきたい事は?

f:id:usayoshi:20180702191659j:plain

こんにちはうさよしです。
タイの一大観光エリアとして人気のプーケット。プーケット旅行に欠かせない移動手段と言えば、タクシーですよね。

でも、異国の地でのタクシー利用は、正しい知識が無いとトラブルを招く可能性もあるんです。

ということで、2018年6月にプーケットを訪れた私が、プーケットのタクシー事情と、それを踏まえた安全なタクシーの利用方法について、お伝えしていきます。

 

 

プーケットのタクシー相場は?

 東南アジアというと物価がとてつもなく安い印象ですが、観光業がメインのビジネスであるプーケットは、タイの中でも物価が高めです。

特に、プーケットはタクシー料金がかなり高く、「日本と比べれば破格だろう」と甘く見ていると、びっくりするくらいの値段がかかることもあるんです。

相場としては、正規料金のメータータクシーに30分間乗ったら、800THB(日本円で約3,000円)程度といったところでしょうか。なかなかのお値段ですよね。

しかもこのタクシーの値段は、メーターが付いていないタクシーだと、運転手の言い値で更に高くなったり、「道路が渋滞していたからプラス200バーツだ」とか言われて平気で高くなるので、確実ではないということをご認識下さいね。

 

繁華街には客引きタクシーがずらり

 さて、プーケットでタクシーに乗りたいときは、どうしたらいいのかについてお伝えします。

基本的には、「人が集まるところにはタクシーの客引きあり」と言った感じで、空港やビーチ、繁華街などにはたくさんの客引きタクシーが待機しています。

きちんとした車のタクシーから、オープンエアーのトゥクトゥクと呼ばれるタイ特有のタクシーまで、車体の種類は千差万別です。

どの運転手にお願いしたらいいのかわからず不安な場合は、「車内にきちんと運転手の証明書が貼られているか」を一つの判断基準にしてください。

一見怪しげなド派手のトゥクトゥクタクシーでも、証明書をきちんと持っている運転手であれば、それなりに信頼できると言えるでしょう。

ですが、客引きタクシーの場合はほとんどが値段は交渉制であることが多く、きちんと相場観が身についていないとぼったくりの危険もあります。

ですから、客引きタクシーを利用する場合は、相場が分かってからにしたり、事前に運転手と交渉をして、金額を合意してから乗るようにしましょう。

f:id:usayoshi:20180702191751j:plain

トゥクトゥクはネオンがド派手ですが、決して怪しくはありません。笑

 

もちろんホテルやレストランでタクシーを呼んでもらうことも可能

 さて、客引きタクシー以外にも、もちろんタクシーを呼んでもらうことも可能です。

ですがその場合には、送迎料金として流しのタクシーより高い値段を請求されることがほとんどですのでご注意くださいね。

こちらも、タクシーを呼んでもらう前に、ホテルやレストランの人と料金をきちんと合意したうえでタクシーを呼んでもらうようにしましょう。

 

行きと帰りの料金が違うこともしばしば

 日本のタクシーであれば、ある地点とある地点を往復する場合、行きと帰りが大体同じ値段になることがほとんどですが、プーケットでは違います。

先程も書いたように、流しなのか送迎なのか、渋滞しているのかそうでないのかなどによって、とんでもなく料金が変わってくることがあるんです。
(こうは書きましたが、その料金体系の細かい背景は、筆者もわからないのが正直なところです。。。。。)

というわけで、「まあ帰りも大体行きとおんなじ位か」とタカをくくらずに、2倍程度はするかもしれないというお財布的余裕を持っていたいところです。

 

安心してタクシーを利用したい!どうしたらいいの?

 さて、ここまでタクシーの相場や乗り方、注意点等を書いてきましたが、「せっかくのプーケット旅行、安心してタクシーを利用したい!」というあなたに向け、安心なタクシーの乗り方についてご紹介していきたいと思います。

 

空港~ホテル

f:id:usayoshi:20180702192011j:plain

空港にはたくさんの客引きタクシーがスタンバイしていますが、それらは完全スルーして正規のタクシーカウンターに向かいましょう。

空港から各エリアまでの料金がきちんと決まっていますので、良識ある運転手であればその値段通りに向かってくれますよ。

メータータクシーだと、値段の目安は

パトンビーチまで800THB
カタ&カロンビーチまで1000THB
プーケットタウンまで650THB

といった感じでしょうか。

でもこれも、3人以上や、スーツケースが多かったり、更には深夜や早朝だったりすると更に値段が上がるのでお気を付け下さい。

ですが、「フライトで疲れた後、ぼったくりの心配をしながらタクシーを利用するのはいやだ!」という方もいらっしゃいますよね。

そういう方は、事前に空港からホテルまでのチャーター送迎を用意しておくのが安心です。各旅行会社や、各ホテルのHP等からチャーター送迎を手配することが出来ますよ。

ちなみに私が宿泊した「キーマラ」では、ホテルの送迎は車1台で2000THBでした。
ちょっとお高いですが、3~4人でのご旅行の場合や、深夜・早朝到着の場合はお得かもしれません。さらに、ホテルの車なので非常に快適ですし、安心して身を任せることが出来るのも大きなメリットです。


ホテル~繁華街

ホテルから繁華街まで少し距離がある場合にも、タクシーを利用することがありますよね。
タクシーを呼んでもらう場合は送迎料金もかかるので、メータータクシーの1.2~1.5倍の値段がかかると思っておいてくださいね。

私が宿泊したキーマラ(カマラビーチエリア)からパトンビーチまでは、約15分間の運転で二人で500THBかかりました。

さらに、ホテルによっては各繁華街へのシャトルバスが出ていることも多く、少し割高ですがこちらを利用するのも有効です。

私が宿泊したキーマラでは、ホテルからパトンビーチへのシャトルバスが出ており、こちらは一人200THB。
シャトルバスの時間に限りがあるので、一概にお勧めとは言えませんが、スケジュールが合えばこちらも利用する価値があります。

 

繁華街~ホテル

繁華街からホテルへ戻る際にも、いくつかの乗車方法があります。

一番安心なのは、近くのホテルかレストランでタクシーを呼んでもらうこと。しかしこちらも、送迎料金がかかるので、メータータクシーよりは少し割高です。

客引きタクシーの利用にチャレンジする場合は、先程も書いたように「運転手の証明書が車内に貼ってあるか」を確認したあと、行き先を告げ、行きにかかった料金の6割位の値段から交渉を開始してみてください。行きの8割位の値段で交渉成立したらオッケーだと思ってくださいね。

あまりに安い値段を吹っかけてとりあえず乗らせようとする運転手は、到着時に追加で料金を請求してくる可能性もあるので、ちょっと警戒した方がいいかもしれません。

 

正しい知識を持って、快適なプーケット旅行を

f:id:usayoshi:20180702192123j:plain

いかがでしたでしょうか。
プーケットのタクシーは料金の幅が大きく、きちんとした知識がないまま利用してしまうととんでも無い値段がかかってしまう可能性もあります。

正しい知識と適切な利用で、快適なプーケット旅行を楽しんでくださいね。

最後までお読み頂き有難うございました。
この記事が役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願い致します。