幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

イルデパンのピッシンヌナチュレルで最高のシュノーケリング!楽しむコツや行き方は?

こんにちはうさよしです。

今回はニューカレドニアきっての観光スポット、イルデパンにあるピッシンヌナチュレルをご紹介します!どうぞお付き合い下さい。

 

 

ニューカレドニア/世界遺産のラグーンが生んだ「天然プール」。その魅力は?


ニューカレドニアの首都・ヌメアから国内線で約1時間のところにある離島・イルデパン。

世界遺産に指定されているラグーンに浮かぶこの島には、文字通り手つかずの自然が広がっています。

 

f:id:usayoshi:20180815184037j:plain

 

そんなイルデパンの中でも、随一の観光スポットとして人気なのが、今回ご紹介するピッシンヌナチュレです。

「天然のプール」という別名の通り、入江に流れ込んだ海水がまるでプールのようになっており、その中でたくさんのサンゴ礁や熱帯魚たちが暮らしているんです。

 

そんなわけで、とにかくお魚の数がすごい。水も驚くほど透明なので、潜らなくても肉眼で熱帯魚たちをたくさん見ることが出来るレベルです。
さらに、水中には豊かなサンゴ礁があり、驚くほどたくさんのお魚の住処になっています。本当にリ○ル・マーメイドの世界のよう。

f:id:usayoshi:20180815184044j:plain

出典: https://www.teestyle.jp/

「天然のプール」の名にたがわず、波もないので安心してシュノーケルを楽しめますし、更には足が地面につく位置でも十分にお魚を見ることが出来るので、シュノーケリング初心者やお子さんでも安全にシュノーケルができちゃいます。

 

f:id:usayoshi:20180815184150j:plain

 

★シュノーケル初心者にもやさしい天然のプール。ニューカレドニア旅行のマストスポット!★

 

ピッシンヌナチュレルで注意すべきこと。楽しむコツとおすすめの時間帯は?

 

さて、そんな魅力いっぱいのピッシンヌナチュレルですが、自然溢れるスポットだからこそ、訪れる際にはいくつか注意が必要です。

というわけで、ピッシンヌナチュレ観光をより楽しむためのコツをお伝えします!

 

トイレ・売店・レンタルショップは何もない

 

f:id:usayoshi:20180815184310j:plain

 

ピッシンヌナチュレは整備された観光地ではなく、手つかずの自然のスポットです。

言うならば、誰も整備していない大自然に人間が勝手に名前を付け、そこを訪れているだけなんですね。

ですから、トイレ・売店・レンタルショップ等の人工施設はなーんにもありません。

 

というわけで、ピッシンヌナチュレを訪れる際には、アクティビティグッズや軽食、そして長居する予定の場合は携帯トイレなど、とにかく必要になると思われるものはなーんでも持っていきましょう。

変わり種でいうと、スマホが水にぬれないように、首からぶら下げられる防水ケースなんかがあると便利です。

 

 

あとは、せっかくのシュノーケリングの想い出を残すために、水中インスタントカメラなんかもあるといいですね。

 

 


水の中や森の中を歩くので靴に注意


ピッシンヌナチュレルは、大きな川と深い森の奥にひっそりと存在しているスポットです。

というわけで、すぐ近くまで車で行くことは出来ず、少なくとも20分程度は自力で歩いて向かわなければいけません。

しかもその道中は、川の中だったり森の中だったりと、とにかく足元がめちゃくちゃ悪い。過酷なトレッキング状態です(笑)

 

f:id:usayoshi:20180815184338j:plain

ひざ下までどっぷり水に浸からなければいけないところも!

 

ですから、「シュノーケルするだけだしビーサンでいいかな」なんていう考えは危険ですよ。

水にも強い、なおかつ足元が悪くても問題なく歩ける靴を選ぶのがベター。クロックスなんかがいいかなと思います。

 

 

 

午前中か正午頃に行かないと景色がよくない!


ピッシンヌナチュレルは海水がプールのように溜まって出来ているスポットなので、海の満ち引きの影響をもろに受けます。

つまり、お昼頃に満潮になり、午後になるとみるみる水が引いていってしまうということですね。

f:id:usayoshi:20180815184508j:plain

午後3時頃には早くも干上がってしまう


満潮の時間帯と干潮の時間帯はまるで別の場所のように表情が変わってしまい、夕方頃には海水が引いて寂しい感じになってしまうんですよね。水温も下がるのでシュノーケリングするにはちょっと微妙かも。

 

というわけで、ピッシンヌナチュレルに行かれる方は午前中、若しくは正午ごろを目指していくようにしましょう。

 

イルデパン随一の観光スポット!どうやって行けばいいの?


ピッシンヌナチュレルは、イルデパン随一の観光スポット。宿泊される方も日帰りの方も、イルデパンに来たなら必ず立ち寄りたいスポットです。

でも、大自然に囲まれたピッシンヌナチュレル、どうやって行けばいいの!?となりますよね。

 

確かに、周辺の道に綺麗な標識が立っているわけでもないですし、なんなら川や森の中をひたすら歩いて行かなければいけないので、個人で向かおうとするのはなかなか難しいです。

というわけで、オプショナルツアーへの参加がおすすめですよ。

ほとんどのツアーで宿泊ホテルからの送迎付きですし、さらにツアーによっては、軽食やシュノーケリンググッズ等をきちんと用意してくれるところもあるので、面倒な用意も必要ありません。

 

 

それでも、「ツアーの参加なんかしたくない!自分のペースで行きたいんや~!」という強がりなそこのアナタ。そんなアナタにオススメのホテルがあるんです。

それが、イルデパン唯一の五つ星ホテル「ル・メリディアン・イルデパン」。

このホテル、ピッシンヌナチュレの直ぐ近くに位置しているので、ホテルから15分ほど歩けば到着します。わざわざツアーに参加する必要はありません。

 

更に、ホテルが無料で貸し出してくれるシュノーケリンググッズやタオルなどをピッシンヌナチュレに持って行ってもOK。

ル・メリディアン・イルデパンに宿泊すれば、自分の好きなタイミングで、イルデパン滞在中何度でもピッシンヌナチュレに気軽に遊びに行くことが出来ますよ。

 

www.tanebi-life.com

 

 

さいごに


いかがでしたでしょうか。
ニューカレドニア随一の観光スポット、イルデパンのピッシンヌナチュレ。

皆さんもぜひ、ニューカレドニアにご旅行の際には、遊びに行ってみてくださいね。

最後までお読み頂き有難うございました。この記事が役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。