幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

2018年版 最強コスパの極上バカンス。バリ島・リンバジンバラン旅行記

f:id:usayoshi:20180523185259j:plain

 

こんにちはうさよしです。

2018年5月に、バリ島の5つ星ホテル「リンバジンバラン」に宿泊しましたので、旅行記を書きたいと思います。

これからバリ旅行を検討されている方の参考になれば嬉しいです。それでは早速見ていきましょう。

 

 

モダン×南国が叶うハイセンスなホテルデザイン

f:id:usayoshi:20180523185237j:plain

バリ島南部の人気エリア「ジンバラン」に位置するこのホテル。

海沿いのオンザビーチのホテルが多いバリ島南部のホテルの中で、このホテルは珍しく森に囲まれた高台のホテルです。

2013年に創業したまだ新しいこのホテルは、施設の老朽化は全くなくとてもきれいで清潔。

また、他のバリの老舗ホテルとは違って、「からぶき屋根と動物の石像」みたいなザ・バリ!みたいなものは一切なく、建築デザインはかなり近代的でモダンな感じ。

建物も直線的で近代的、プールもかなりすっきりとしたモダンな作りです。

f:id:usayoshi:20180523185524j:plain

ホテルの代名詞、ロビーの先のレイクスペース。丸い所はソファ

でも、だからといって「世界中どこにでもある近代的なリゾートホテル」となっていないのがリンバのすごいところ。

ロビーの壁は廃材をリサイクルしたような木材を使用していたり、プールの横には南国の鮮やかな花が咲き乱れていたり、

客質棟の廊下には自然の風が吹き抜けるオープンスペースが有ったりと、モダンな作りながらも、南国らしい解放感とバリの豊富な自然を感じることが出来るリゾートらしいデザインのホテルなんです。

いうなれば南国の中の大型ブティックホテルという感じでしょうか。

f:id:usayoshi:20180523185521j:plain

ロビーはなんとも洒落た雰囲気

 

f:id:usayoshi:20180523185305j:plain

森の中に広がるスタイリッシュなプール

ここまで「モダンさと南国らしさの融合」が見られるホテルって、他にはそうそうありません。
清潔で近代的感じのホテルが好きな方も、南国感あふれるエキゾチックなホテルが好きな方も、

リンバジンバランならその両方の魅力が兼ね備えられているので、必ずや満足することが出来ると思います。


何日いても飽きない充実のホテル設備

 リンバジンバランはホテル内設備もかなり充実しています。

 

森の中に現れる美しい6つのプール

f:id:usayoshi:20180523185242j:plain

花が咲き乱れる美しすぎるプール

まずはプールをご紹介。スタイリッシュで目にも嬉しいプールがなんと驚きの6つもあります。

ですから、プールサイドのベッドはどの時間に行っても満席ということはほとんどありません。

6つのプールの中には、大人限定のプールがあったり、はたまたウォータースライダー付きの子供向けプールが有ったりと、用途にあわせて使い分けることが出来ます。

森の中の美しいプールというシチュエーションは、数あるリゾートホテルの中でも珍しいですよね。

 

そして、リンバのプール最大の魅力は、プールサイドや木々の小路にいくつも存在しているプライベートカバナです。その数およそ10以上。
こんなにカバナが充実しているホテルはなかなかないですよね。

屋根付きの半個室の空間に、ソファやテーブルなどが備え付けられており、まるでお部屋のようなプライベート空間が広がっています。

このカバナは、約5,000円以上の飲食のご利用で使用することが出来るようですので、ご家族やご友人でわいわい利用するのに最適です。

f:id:usayoshi:20180523185426j:plain

カバナ一例。広さは軽く6畳はある

f:id:usayoshi:20180523185701j:plain

プールサイドにカバナスペースが立ち並ぶ

f:id:usayoshi:20180523190424j:plain

木々の小道にもカバナが

ジャンルも用途も豊富なレストラン

f:id:usayoshi:20180523185705j:plain

森と池を眺めるメインレストラン「TOGE」

リンバジンバランにはレストランもたくさんあります。

メインダイニング「Toge」をはじめとして、本格的な中華料理や洒落たルーフトップバーまで、滞在中飽きることなくバリエーション豊かな食事を楽しむことが出来ます。

特に、中華料理「アーヤットアバロンシーフード」で頂いた海鮮汁そばは、「今私香港にいるのかな?」って位、本格的なお味で大満足。是非食べてみてくださいね。

 

更に、リクエストすればお好きな場所でのロマンテックディナーも手配してくれるそう。特別な記念に、是非いかがですか。

他にも変わり種でいうと、伝統バリ料理をレクチャーしてくれる料理教室も開催されているよう。詳しくはHPをチェックしてみてくださいね。

 

気になる客室は清潔で超快適

 

f:id:usayoshi:20180523185331j:plain

リンバジンバランは2013年にできた新しいホテルですので、とにかく設備が新しくキレイです。

もちろん客室も清潔で快適。老朽化は一切なく、水回りも日本のホテルと変わらないくらいめちゃくちゃキレイです。

むしろ、そんじょそこらの日本のホテルより全然綺麗かも。

海外ホテルにありがちな、「コンセント壊れてる~!!」みたいなトラブルもまったくありませんでした。

正直、5つ星ホテルとはいえ、アジアリゾートでここまでの清潔感があるホテルはなかなかないんじゃないんでしょうか。

遊び疲れて帰ってきても、この客室のお陰で体調万全のまま旅行を楽しむことが出来ましたよ。

f:id:usayoshi:20180523185428j:plain

バスタブも広く高級感のある浴室

f:id:usayoshi:20180522200437j:plain

ベランダには森を眺められるソファが

 

これはお得!大人気アヤナリゾートの施設も使い放題

f:id:usayoshi:20180523191251j:plain

 

さて、ご存じの方も多いかと思いますが、リンバジンバランはあのバリで超有名の老舗ホテル「アヤナリゾート&スパ」の姉妹ホテルで、アヤナホテルの直ぐ隣に位置しています。

というか、「アヤナリゾート」という巨大リゾートエリアに、アヤナとリンバの二つのホテルが存在していると言った感じ。

ディズニーランドとディズニーシーみたいな感じですね。

2つのホテルの間は随時トロリーが巡回していて、無料で移動をすることが出来ます。

f:id:usayoshi:20180522200741j:plain

無料トロリーは15分間隔くらい

更に、リンバジンバランの宿泊者は、アヤナホテルの各施設をアヤナホテルの宿泊者と同じように使うことが出来るんです。

ディズニーはランドのチケットだとランドしか入れませんが、アヤナとリンバは言うなれば共通チケット。

つまり、リンバに宿泊していても、アヤナのプールで気兼ねなく遊ぶことが出来るし、アヤナのレストランで食事をしても、リンバの部屋付けにしてチェックアウト時にラクラク精算することが出来るということです。

更に最大のメリットが、アヤナリゾート内でも随一の人気を誇る断崖絶壁のバー「ロックバー」を予約できるということ。

通常、宿泊者以外は行列を覚悟しなければいけないこちらですが、リンバの宿泊者ならチェックイン時に予約が出来ます。

待たなくても、スムーズにロックバーを楽しむことが出来るんです。

 

こちらの記事でアヤナとリンバを徹底比較してますので、是非。

www.tanebi-life.com

 

安心の5つ星ホテルなのに驚きのロープライス

そんないいこと尽くしのリンバジンバラン、さぞお値段もするのだろう。。。。。かとお思いかと思いますが、このホテルクオリティからは信じられない位のロープライスなんです。

ベストシーズンでも2万円代前半で泊まることが出来ます。

しかもこの値段で、お隣の超人気ホテルアヤナリゾート&スパの施設も使えると来たら、そりゃもうお得すぎますよね。
(アヤナホテルは、大体リンバの1.5~2倍位のお値段です)

このロープライスのお陰で、私達のバリ旅行もお財布に優しいものになりました。

 

まとめ:コスパ最強おしゃれホテル、リンバジンバランに泊まろう

 

いかがでしたでしょうか。

まだまだあまり名前の知られていない「リンバジンバラン」ですが、旅好きをもうならせる非常に素敵なホテルなんです。

是非バリ島へご旅行の際には、利用してみて下さいね。

この記事が役に立った!と思った方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。