幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

アラサーあるある・地味な男性に妙な色気を感じるあれ、なんなんだろう

こんにちはうさよしです。
28歳というアラサー真っ盛りを迎えた私ですが、まあそれはそれはいろんなポイントで年齢を感じております。

自分の体とかの変化ももちろんなんですけど、好きな男性のタイプとかもかなり変わってきた。

(もう結婚しているんでリアルな恋愛ではないですよ、あくまでも芸能人とかのタイプの話です、あしからず。)

今まで何とも思っていなかった有名人とかが急にかっこよく見えちゃったりとかして、「あれ、この人こんな素敵だったっけ!?!?」と動揺し、そこからずるずるとその人の沼にハマっていく。。。。なんてのはほんとに良くあることです。

 

 

うぶな若かれし頃。キラキラアイドルが好きだった私

 20代前半のころとかはわかりやすい美に魅力を感じていたので、いわゆるアイドルっぽい人、スターっぽい人にカッコよさを感じていたんですね。「きゃ~キラキラしててかっこいい~!」みたいな。

私の人生で今まで心酔した元カレ達(おい)というと、デビュー初期のKinki Kidsの堂本剛にはじまり、小出恵介とか、キスマイの北山宏光とか、とにかくまあ中性的なアイドル顔が好きだったんですよね。

なんつーか、見ていて美しいというか、キラキラしている感じというか、もはや自分の生きる世界とは別物のスターってな感じがして、そこがかっこいいと思ってたんです。

 

有名人でもかまわずリア恋枠にあてはめちゃう厄介なアラサーへと進化

 ですが、厄介なことに、アラサーになってそこそこ人生経験を積んでくると、男性の好きなタイプが変わってきました。

有名人だとしてもそりゃプライベートはテレビで見せる顔とは違うやろ、とか、オンもオフもそらあるやろ、とかの察しが付くようになるので、「この人はプライベートはどんな感じなんだろう」とか、「どんな恋愛するんだろう」とかリアルな目線で有名人を見るようになってしまったんですよね。

いわゆるリア恋視点ってやつですよね。こりゃイタい。

そうなってくると、キラキラしている派手な男性ってなんだか作り物っぽい感じがしてしまって、逆に地味だったり幸薄そうな男性がなんだか気になってしまう。そういうゾーンに突入してしまったんです。なんと厄介な。

 

うさよし的・地味顔男前3トップ

 というわけで、アラサーうさよし的地味顔男前3トップを堂々(?)発表、そして彼らの魅力を熱苦しく語りたいと思います。

「誰も頼んでねーよ!」とか言わない。きっと新しい世界が拓けますから、是非読んでみて。(誰)

 

第三位:サッカー日本代表・香川真司

f:id:usayoshi:20180626193140j:plain

出典:https://trend--box.com/archives/3855

まずはこのお方。なんといってもその魅力は、いい意味で「サッカー選手っぽくない」ところです。

というのも、サッカー選手と言えば普通はちょっと派手めな風貌で、髪なんかは金色にしちゃったりとかしてる人が多い中、香川選手は一環して王道の黒髪を貫いています。

顔も古風で「ザ・日本男児」って感じ。全然印象に残らないような「平凡顔」なのに、そこになんかよくわからない色気を感じるんですよね~。

しかもこの人、「サッカー一筋!」みたいな真面目な見た目なのに、意外と芸能人の友達が多かったり、インスタは自撮り写真が多かったりと、「お?意外とナルシでパリピなのか?」と思わせるんですよね~。

f:id:usayoshi:20180626193657j:plain

出典:香川真司公式Instagram

地味な見た目と性格のギャップも私としてはなかなかツボであります、うん。

 

第二位:星野源

f:id:usayoshi:20180626193946j:plain

出典: http://otonakeikaku.jp/profile/profile_hoshino.html

塩顔界の超大型エースとして、数年前に大ブレイクしたこのお方。正直に言いましょう、まじでタイプです。

ほっそい目に地味な髪形、どこにでもいそうな平凡な顔。
でも、よくよ~く見ると、目も切れ長で冷たい雰囲気、鼻筋もすっと通っていて口も大きく、結構整っているんです。

さらにさらに、意外に首ががっしりと太かったり、男性的な色気もちゃんとある。

しかも彼、その見た目から超マイルドな性格と思われがちですが、中身の芯はとんでもなく強い。
じゃなきゃ、「Family Song」とか「ドラえもん」とか、あんな攻めた楽曲作らないですって。

一見無害そうな感じなのに、実はかなり肉食系な感じっていうのに私は完全にやられております。
ミッツ・マングローブが「星野源は歩く○器だ」なんて衝撃のコメントをしておりましたが、とんでもなく同意。

彼がメガネなんてかけちゃった日には、大人の色気がとんでもなく漏れ出ております。

f:id:usayoshi:20180626194350j:plain

出典: https://www.google.co.jp/amp/s/www.cinematoday.jp/news/N0090100.amp.html?source=images

ビバ星野源。これからもOL達の希望の星として一生独身でいてくれ。(おい)

 

第一位:オンユ(SHINee)

 さて、栄えある第一位は、韓国ボーイズグループ「SHINee(シャイニー)」のオンユさんです。この人ですよ、この人。

f:id:usayoshi:20180626195303j:plain

出典: http://mouda.asia/I0004442

え、知らないって??いやいや、地味顔好きは知らないと絶対に損する世紀の逸材ですよ。

派手さが売りの韓国アイドル界にいるにもかかわらず、この地味顔。もはや芸能人感はなく、イモ感がとんでもない。

プライベートの時とかほんっとひどいです。(←)プラべでもキラキラしている他のSHINeeのメンバーと一緒に写ってると、もはやマネージャーかよってくらいにオーラゼロ。

f:id:usayoshi:20180626200134j:plain

出典: https://matome.naver.jp/m/odai/2133912695647481401?page=3

「いやいや、こんな顔の人普通にいるやん。のっぺりした顔だし、どこが男前やねん。。。。」って思いますよね?

だけど、この人は本気出すとまじですごい。常に全身の毛穴から色気を放出しながら動いている。
しかもそれを無意識でやっているから恐ろしい。

いいですか、行きますよ??オンユ氏の本気をとくとご覧あれ。。。。。。

f:id:usayoshi:20180626195430j:plain

出典: http://www.starsnap.jp/articles/282

f:id:usayoshi:20180626195753j:plain

出典: http://www.starsnap.jp/articles/282

f:id:usayoshi:20180626195829j:plain

出典: http://www.starsnap.jp/articles/282

はあ、、、、なんなんすかねこの色気、、、、さっきのイモっぽい写真とまるで別人じゃないっすか。

普段の芋オンユだと全然気が付かないんですけど、実は鼻と口がかなりお美しい。目だって切れ長で冷たい視線がかなりいい感じです。

普段地味なオーラだからこそ、オンモードになった時の色気が更に際立っているんだと思うんですよね。

「仕事でアイドルやってます感」がすごいというか、とにかくなんかリアリティがすごい。
というか、アイドルでありながらも現実にいそうな感じがすごいというか、アイドルらしからぬ影がある。

いい意味で裏がある感じっていうか。単刀直入に言うと、好きです。(おい)

 

生活感こそ男の色気

 とにもかくにも、アラサーを迎えた私は、「男性の色気を感じるポイント」が変化してきました。

昔は、造形の美とか、わかりやすいセクシーアピールとかに色気を感じていたのが、にじみ出る生活感とか、普通っぽさとか、見た目と中身のギャップとか、そういうものに色気を感じるようになってきたんですよね。

これが大人になるということなんでしょうかねえ、、、、、。良くわかりませんが、まあとにかくストライクゾーンが広がるのは楽しいからいっか。

今日も地味イケメンを探しつつ、現実世界で地味イケメンの魅力にひきづり込まれないようにしなくては、と背筋を正す人妻アラサー・うさよしなのでした。