幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

別格!ブルガリホテル バリ 宿泊者以外も利用可の朝食が最高すぎた

f:id:usayoshi:20180515083722j:plain

こんにちはうさよしです。
バリ島にある超最高級ホテル「ブルガリホテルズ& リゾーツ バリ」に朝食を頂きに行きましたのでレポートしたいと思います。どうぞお付き合い下さい。

 

 

洗練された最高級リゾート ブルガリホテルズ&リゾーツ バリ

ブルガリバリはあの世界的ファッションブランド「BVLGARI」が手がける、ミラノに続いて世界で2つ目のホテルで、バリのジンバランエリアの繁華街を抜けた先の「ウルワツ地区」に位置しています。

何もない山道をどんどん登って行った先にホテルが突然現れるんです。
そう、このブルガリバリは、山奥の断崖絶壁に建つ絶景のホテルなんです。

 

モダンで重厚感のあるデザイン

f:id:usayoshi:20180515083827j:plain

こちらは落ち着いた天井の高いロビーエントランス

ホテルのデザインは黒と石畳を基調とした直線的でシンプルなもの。
バリの伝統的なスタイルを残しつつも、西洋風の洗練された雰囲気も併せ持つ独特の様式です。

写真だとシンプルすぎて地味なホテルに見えるかもしれませんが、違うんです。

非常にモダンで重厚感のあるデザインで、バリ島に高級ホテルは数多くあれどここはまさに別格。

山奥の静寂と、崖に打ち寄せる豪快な波の音、そしてホテル全体に香るブルカリの香水のほのかないい香りと相まって、ほかのどのホテルにもない高級感を醸し出しているんです。

流石ブルガリ。まじで格が違います。なんかこちらまで自然に背筋がしゃんと伸びるような感じです。

f:id:usayoshi:20180515084053j:plain

ロビーからの景色。崖の上のホテルなことがわかる

f:id:usayoshi:20180515083936j:plain

海に突き出たバージンロード。結婚式も人気

f:id:usayoshi:20180515084724j:plain

緑に囲まれた上品なインフィニティプール

 客室は全室、断崖絶壁にそびえ立つヴィラタイプで、全室プール付きだそう。

崖を切り崩して作られているホテルなので、ヴィラ毎に高低差があり他のヴィラが邪魔にならず海が見えるよう。はー泊まってみたい.....

 

宿泊者以外でも食べられる最高のモーニング

さてそんなブルガリホテルですが、宿泊者以外でも予約すれば朝食を食べることが可能です。(時間は6時半から10時)

ホテルのゲートでセキュリティチェックがあるので、予約はマスト。宿泊しているホテルに頼んで予約してから向かいましょう。

 

f:id:usayoshi:20180515084321j:plain

朝食会場はレストラン「サンカール」。
私達は9時前に到着しましたが、人はまばらでとても静か。落ち着いた朝食会場です。

スタッフも接客もピカイチで、名前を名乗ってくれたりと非常に感じがいいです。

f:id:usayoshi:20180515084425j:plain

テラス席からは断崖絶壁の絶景が

朝食は一人37.5万ルピア(約3200円 2018年5月レート)で、そこにサービス料10%、税金が11%プラスされて、トータルで45.4万ルピア(約3800円 2018年5月レート)です。

f:id:usayoshi:20180515084402j:plain


前菜と主食を1皿ずつと、ビュッフェコーナーからサラダやペストリー、フルーツなどを自由に食べるスタイルで、フレッシュジュースやコーヒー紅茶ももちろん付いています。

席に着いたら、まずはメニューから前菜と主食から一つずつ好きなものをチョイス。

前菜にはアサイーボウル、ワッフル、パンケーキ、フレンチトーストなどのフルーツ、スイーツ系が並びます。

そして主食にはナシゴレンやミーゴレンなどバリの伝統的な料理から、蟹入りオムレムなどの西洋メニューも。ブルガリエッグベネディクトなんてのもありました。

私はナシゴレンをチョイスしましたが、これがまじで美味しいのなんの。

玄米や古代米を使用していて、食感も非常に楽しめるようになっていますし、味が濃くないのにしっかり味付けがされている、非常に上品で独創的なナシゴレンです。

バリで最も高級なナシゴレン」なんて言われているそうです。


ビュッフェは、メニュー数は少ないですがどれも上質でこだわりのある食材が揃っています。

フルーツやペストリーなども、非常に品揃え豊富。

f:id:usayoshi:20180515084616j:plain

特におすすめしたいのが、フレッシュサラダ。具材はもちろんのこと、普通のホテルビュッフェではあり得ないほどドレッシングやトッピングの種類が豊富。ドライトマト、フェタチーズなんかもあるんです。是非是非食べて下さいね。

f:id:usayoshi:20180515084844j:plain

コンフィチュールなんかも10種類くらいあります。あとフループポンチはまじで絶品でした。

 

f:id:usayoshi:20180515085018j:plain

そんなこんなで朝食はどれも絶品で、他にあまりみないこだわりの味付けやセンスで楽しませてくれます。

 

極上のおもてなし!バギーでホテル探検

さて、朝食を食べ終わったあと、「せっかくブルガリホテルに来たんだし、ホテル内を探検したい!」と思ってホテルの方に歩き回っていいか聞いて見ると....
「sorry.....」との回答が。

がーん....やはり天下のブルガリ様、宿泊者以外には気安くホテルの中は歩かせないかーとがっかりしていると、
バギーの用意が出来たから、ご案内します」との声掛けが。

そうなんです。ホテルの中は歩くのではなくバギー移動が普通なので、私達もバギーで色々案内してくれるということだったんです。
こちらの期待を上回るおもてなしに感動...!

というわけで、バギーに乗って心地よい風に吹かれながら、運転手の方の解説付きでホテル内を探検。

f:id:usayoshi:20180515085050j:plain

チャペルやプライベートビーチの入り口などでは、バギーを降りることも可能。約20分のホテル散策、とっても楽しかったです。

f:id:usayoshi:20180515085120j:plain

プライベートビーチの入り口。ここから先は宿泊者限定

みなさんも是非、お願いしてみて下さいね。


結論:ブルガリホテル、総じて最高。

というわけで、朝食を食べに行っただけでしたが、宿泊しなくてもブルガリホテルの魅力を存分に満喫することができました。

格式高い最高級ホテル「ブルガリバリ」、みなさんも是非行ってみて下さいね。

この記事が役に立った!と思った方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。