幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

最高のリゾ婚を。こんな人はハワイアンブライダルサービスを選ぶべし

f:id:usayoshi:20180421111424j:plain

こんにちはうさよしです。

 

先日、こちらの記事でハワイウェディングの現地プロデュース会社であるハワイアンブライダルサービスさんの魅力を解説しました。

 

hapinessseed.hatenablog.com

 

今回は、どんな人がハワイアンブライダルサービス(以下HBS)に合っているのか?という観点でみなさんにHBSを紹介していきたいと思います。

 

 

こんな人はHBSにぴったり

 

ハワイに慣れている

f:id:usayoshi:20180422170922j:plain


HBSは、シンプルに「挙式+レセプション」をプロデュースしてくれる会社なので、ハワイ旅行の手配は別で自分で行う必要があります。
つまり、フライトとかホテルとかを、自分の好きなようにアレンジできるんです。

大手の旅行会社では、「ハワイのパッケージツアーとウェディングをトータルアレンジ!」というのをやっていますが、
正直めちゃめちゃ高い。
「初めてのハワイで、更に初めての結婚式!」みたいな方だと、トータルで手配してくれるのはかなり安心できますが、
ハワイに行ったことがあって、ある程度自分で旅行をプランニングできる方なら、

自分で旅行を手配した方が安く済みます。

 

写真にこだわりたい

f:id:usayoshi:20180420135132j:plain



こちらの記事でも解説しているように、HBSの代表はハワイを知り尽くした熟練フォトグラファーのTOMO氏です。

 

hapinessseed.hatenablog.com

 


つまり、HBSの源流はウェディングフォトにあると言っても過言ではありません。
せっかくリゾ婚を選んだのなら、その場所の自然を存分に生かした素敵な写真を撮りたいですよね。
結婚式に来られない親戚やご友人にも、とびきりの写真を見せたい。
そんなあなたには、カメラマンの外れが無い、HBSはめちゃくちゃおすすめです。

 

結婚式でやりたいことが具体的に決まっている

f:id:usayoshi:20180422171003j:plain


HBSは、ウェディング業界によくある過度なオプションの押しつけが無く、基本的にこちらが「こういうことをやりたい」と言ったらそれに応えてくれるという感じなので、

「こんなブーケにグレードアップできますよ~!」とか、「レセプションではこんな演出もできますよ~!」みたいなごり押しが一切ない

つかず離れず、いい距離感で相談に乗ってくれます。
つまり、「こんなハワイ婚がしたい!」というのが具体的に決まっているカップルなら、
そのリクエストを伝えていけば、HBSが理想通りの結婚式をプロデュースしてくれるのです。

 

でもだからこそ、全然こだわりとかが無くて、むしろ何を準備したらいいのかわからない!という感じの方には、HBSは少々ハイレベルかもしれません。
まるっとお任せでトータルプロデュースをしてほしい方には、大手旅行代理店さんや大手ウェディングプロデュース会社さんの方がいいかもしれませんね。

少々お値段は張りますが、きめ細やかにいろいろ提案してくれます。

 

こんなところに気を付けて

 

f:id:usayoshi:20180422171022j:plain

ここまでHBSの魅力を存分に語ってきましたが、少数精鋭の小さいプロデュース会社さんであるからこそ、いくつか注意点もあるんです。
ここからはそれを解説していきます。

 

選べないチャペルがある


ハワイにはたくさんのチャペルがありますが、その全てがHBSと提携しているわけではありません。


たとえば、ダイアモンドヘッドを望む眺望で最近人気のザ・テラス・バイザシー。
ここはタカミブライダルさんが経営するチャペルですので、HBSではアレンジしてもらうことが出来ません。
また、明るいチャペルから海を一望できるロケーションが人気のコオリナ・チャペルアクア・マリーナは、ワタベブライダルさん経営のチャペルです。こちらもHBSではアレンジ不可。

 

HBSのホームページを良くチェックして、希望するチャペルがHBSと提携しているかを確認するようにしてください。

 

挙式の時間帯に制限あり

 

ハワイの挙式会場はどれもこじんまりしている為、日本と違って同時に何組も挙式をすることが出来ません。

そのため、時間帯を指定して式場を予約することになるのですが、人気の時間帯は大手の会社が枠を抑えていることが多く、HBSはそもそも持っている枠が少ないんです。


例えば私が挙式したキャルバリーバイザシーは、人気のAM挙式は予約不可、早くても13時からという感じでした。

ハワイ挙式は、時間帯によって写真映えがかなり変わってくるので、挙式の時間が何時頃になるかは非常に重要です。

自分の希望する時間帯に挙式が出来るか、きちんと確認する必要があります。
 
ちなみに私は、かなーり前からHBSに交渉しまくって、「金曜日の昼13時から」というHBSがアレンジできる中でベストな枠をゲットしました。


自分にあったプロデュース会社で最高のハワイ婚を

 

f:id:usayoshi:20180422171050j:plain

いかがでしたでしょうか。ハワイウェディングを成功させるためには、自分にあったプロデュース会社を選ぶことはとても大事です。
この記事を読んで、ハワイアンブライダルサービスが気になった方は、是非HPを覗いてみてくださいね。

 

この記事が少しでも面白い!役に立った!という方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。