幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

結婚指輪にブシュロンのディアマンを選んだ私が6の魅力をプレゼンする!

f:id:usayoshi:20180425191818j:plain

こんにちはうさよしです。

私たち夫婦は結婚指輪を選ぶときに悩みまくり、最終的に

ブシュロンのポワントドディアマン

に決定しました。

指輪を付け始めてもうすぐ三年が経ちますが、
めちゃめちゃお気に入りだし、まじでこれにしてよかった!

というわけで、購入を検討している方に向けてディアマンの魅力を解説していきます。 

 

 

ポワントドディアマンとは?

ポワントドディアマンとはパリの老舗ジュエリーメーカーブシュロンが展開しているリングの一つです。

もともと結婚指輪のためのデザイン、というわけでもないようですが、ブシュロンの中では割とシンプルめなデザインなので、結婚指輪として選ぶ人が多いみたいですね。

ポワントドディアマンとは「ダイヤモンド(ディアマン)の先端(ポワント)」という意味でして、リング自体に小さいピラミッド状の繊細なカッティングがついているので光がいろいろな角度から取り込まれ、それによってダイヤがないのにキラキラと輝いて見えるというデザインなんです。

周りからも「それほんとにダイヤついてないの??」と驚かれる位にほんとーにキラキラです。見ててテンションあがる。

しかも、「ブシュロンの1号店があるヴァンドーム広場の石畳を思わせるモチーフ」という裏テーマもあるらしく、なかなかステキなストーリーを持ったリングなんですね。

 

ディアマン6つの魅力

それでは早速実際にディアマンを結婚指輪にしている私たち夫婦が感じる、ディアマンの魅力を6つに分けてご紹介します。

 

デザイン性が高いのにいやらしくない

ディアマンは先程も書いたように、ダイヤのようなキラキラ感があります。こういうデザインって、いっぱい結婚指輪を探しましたけど他になかなかない。

とはいうものの、やっぱダイヤ付きもいいなーと思って最後までエタニティリングと迷いに迷ったんですが、エタニティリングってなんかキラキラしすぎててちょいといやらしい感じに見えてしまって。
あーこの人宝石好きなんだろうなー。高い指輪買わせたんやろうなーみたいな。

でもディアマンなら、別にダイヤとかついてないから、いやらしくないんですよね。

この絶妙に上品なバランスがまさに大人が選ぶマリッジリングってな感じで、かなり気に入っています。

 

日常使いしやすい

エタニティリングもそうですけど、ダイヤがついてるリングって基本的にツメがついているものが多いと思います。

そうすると、めちゃくちゃ小さなツメでもなんだかんだでストッキングに引っかかったり、目でも掻いてしまった日には痛ってー!!!ってなる。
あと、ジミ~に石鹸カスとか溜まるんですよね。

でもディアマンは、爪もとがった部分もないから、何かに引っかかる心配もないし、汚れも溜まり辛い。

ストレスなく着けることが出来るので、「買ったはいいけど着けづらくて。。。」みたいなことが起きにくいと思います。

 

キズが付きにくく、輝きが長く続く

どんなに気を付けて結婚指輪を着けていても、机にガン!って当たったりしてキズが付くのはしょうがないことだと思います。

そんな時、シンプルな円形のリングだと、表面のキズが見えやすいんですけど、ディアマンは表面のカッティングが複雑だから、キズが目立ちにくい

キズついていない箇所が光を取り込んで、そこがキラキラしてくれるんでまあ全然見えない。

というかそもそも、キズが付き得る表面部分が普通のリングと比べて少ないので、キズ自体も付きづらいのかな。カッティングの溝の部分とか、普通キズは付きませんしね。

私もつけて3年経ちますけど、ご覧の通り全くと言っていいほど輝きが衰えておりません。

f:id:usayoshi:20180705090226j:plain

 

とりあえずおしゃれさんに見える

ディアマンのデザインはほんとに洗練されていてスタイリッシュ。
無駄が無くてシンプルなのに、斬新で他にはあまりないデザインです。

結婚指輪ってシンプルすぎるものだとなんていうか「金具感」があっておしゃれに着けるのって難しいですが、デイアマン一つで着けても、かなりサマになります

電車とかでたまーにディアマンをつけてる方を見ても、高確率でオシャレさんですね。(主観)


人とかぶり(にくい)絶妙なマイナー感

よくあるティファニーとかカルティエとかの少しデザインのあるリングって、結婚指輪を探している人なら一度は検討したことがあると思うんですよね。

そうすると、「あー、ティファニーにしたのね(○○ちゃんと一緒だわ)」とか、
へー、カルティエなんて、贅沢ね~ありゃ○○万はするわ)」みたいな感じで人にいろいろ詮索されるし、なんなら周りの人とカブる可能性もある。

でも、ブシュロンって、一流ブランドなんだけどティファニーとかカルティエ程の超有名ベタブランドではないし、知らない人もいたりするから、「あ、これどこどこのだ」ってバれることも少ないし、人と被ることもあまりない。

少なくとも私の周りで、ブシュロンの結婚指輪を着けている人はまあいないですね。

 

他のジュエリーと相性抜群

f:id:usayoshi:20180425191219j:plain

ディアマンはそれ自体が個性がありながらも、無駄のない洗練されたデザインなので、他のあらゆるジュエリーと相性抜群です。むしろ、細めのリングだから、重ね付けした方がステキかも。

本家ブシュロン様も、「同じ色や色違いのディアマンを、何本も重ねてつける」的な楽しみ方を推奨しているようで、そんなことができたら、なんとまあステキな、、、、という感じではありますが、とにかくどんなリングとも相性抜群。

プラチナとダイヤのエンゲージリングとも合うし、ゴールドのリングでもOK。カラーストーンのリングなんかと併せてもいい感じ。腕時計も、革でも金属でもセラミックでもパールでも、なーんでもあいます。

ダイヤのようにキラキラしているリングですもん、そりゃなんでも合いますわな。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブシュロンのポワントデディアマンは、人と少し違うオシャレな結婚指輪をお探しの方にぴったりのリングですよ。
結婚指輪をご検討中の方はぜひ見てみてくださいね。

 

この記事が面白い!役に立った!と思った方は、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。