幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

絵に描いたような楽園。南太平洋の宝石ル・メリディアンイルデパン旅行記

こんにちはうさよしです。

2017年9月に、ニューカレドニアのイルデパン島で唯一の5つ星ホテル「ル・メリディアン・イルデパン」に宿泊しました。

ホテルの概要

このホテルはニューカレドニアの首都ヌメアから国内線で30分の離島、イルデパン島にある超高級ホテルです。 

www.tanebi-life.com

 イルデパン島の大自然を存分に活かした木造の素朴なリゾートで、明るい太陽とポリネシアンの原始的や建築・インテリアが、バカンス感を最高に盛り上げてくれるんです。

f:id:usayoshi:20180507192229j:plain

f:id:usayoshi:20180507192901j:plain

南の島の天国とは、まさにこの事かっていうようなかんじ。近代的なホテルやモダンなホテルが苦手な方は絶対に満足できるような温かみ溢れるホテルです。

部屋はホテルタイプ、バンガロータイプ含めても30部屋程度しか無さそうな、こぢんまりとしたホテルです。


アクセス・立地

素朴なイルデパン島の空港に到着すると、ホテルの大きなバスがお迎えをしてくれていて、宿泊者をホテルまで無料で送迎してくれます。この際ホテル所属の日本人のスタッフの方が島の基本情報などについて色々と説明してくれました。

f:id:usayoshi:20180429151159j:plain

素朴なイルデパンの空港

ちなみにこの日本人の方、ほとんどの時間フロントに座って下さっていたので、何かわからないことがある時や、アクティビティの予約をしたい時はほんとーに助かります。

一面緑に囲まれた、だーれもいない素朴な田舎道を走ること15分、川の上の吊り橋を渡ると、いよいよホテルの敷地に到着です。

冒険心をくすぐる門構えに大興奮!!
まさに楽園の隠れ家って感じがして、テンションあがりまくりです。

f:id:usayoshi:20180507190217j:plain

ホテルのゲートには冒険心をくすぐるヨットが

というわけで、ホテルはど田舎のイルデパン島の、そのまたど田舎の片隅に位置しているので、周りにはなーんにもありません。
そもそも、この島にはスーパーマーケットが2つしかないような島なので。
ホテルの外に出て遊ぼう!みたいな考えは諦めてくださいw

www.tanebi-life.com

 ただ、メリディアンイルデパン宿泊者の特権が一つあるんです。
それが、イルデパン最大の見どころである、「ピッシンヌ・ナチュレル」に徒歩で行けるということ。
ホテルのゲートである吊り橋の下を流れる川に沿ってずんずん進んでいくと、およそ20分ほどで到着します。

ただ、水位が高くピッシンヌ・ナチュレルの景色を最高の状態で楽しめる時間帯は、その分川の水位も高いので、ヒザあたりまで水に浸かりながら歩いていく感じになりますのでご注意を。ビーサンだと水の流れに持って行かれるので、クロックスなどのもう少し丈夫な靴がいいでしょう。

設備

f:id:usayoshi:20180507192229j:plain

緑の中に点在するロビー棟やコテージ

さてここからは、ル・メリディアン・イルデパンの各種設備をレポートしていきます。

開放的で洒落たロビー

f:id:usayoshi:20180507190817j:plain

ロビーは天井が高く開放的な雰囲気で、このロビーのすぐ横にはバーとホテル唯一のレストランがあります。

このロビー、基本的にはいつもガラス戸が空いていて、天然の風が吹き抜けているとても開放的な作りで超和むんですけど、BGMがいつも超イケイケなんですよね。
なんていうかクラブリミックスのボサノヴァってうか、とにかく上品なんだけどめちゃめちゃイケてるBGMが流れてる。
流石フランス領のリゾートだなー感じですね。(関係あるのか?)

f:id:usayoshi:20180507190954j:plain

そんなめちゃいけてるロビーですが、二階がありまして、ここにはビリヤード台とかDVDがズラーっと並んでおります。なので空いていればいつでもここで遊ぶことができますし、DVDは借りて部屋で見ることもできます。
日本の映画も色々とありましたよ。筆者はなぜか「思い出のマーニー」を見ました。リゾートで観るジブリはなおいとをかし。

ビーチ、アクティビティ

f:id:usayoshi:20180507191043j:plain

もちろんプライペートビーチもあります。人も少なく、もちろん海も言わずもがな綺麗で最高。

しかもこの海、ただのビーチじゃないんです。
この海、川へと流れ込んでいて、その川がコテージの前を流れているんですね。

f:id:usayoshi:20180507191130j:plain

右に見えるのが海から流れ込んだ川

そしてそれをさらにズンズン進むと、最初にお伝えしたホテルのゲートが見え、そしてそれを更に行くと....ピッシンヌ・ナチュラルに着く、という構造なんですね。

f:id:usayoshi:20180507191604j:plain

ホテルのゲートのヨットのところまで川を昇ってきました

つまりこのリゾートは、海と川に周りをぐるっと囲まれているという、他にはなかなか無い立地なんです。

そんな海や川では、アクティビティも豊富。
シュノーケルやカヤックやペダルボートなど、ホテルが無料で貸し出しをしてくれるので、空いていればいつでも使うことができます。

しかもこれらアクティビティは、ホテルの外へ持ち出してもOKなので、シュノーケルを借りてそのままピッシンヌ・ナチュレルに行くなんて事も可能です。

ちなみに、カヤックやペダルボートは2〜3個しか用意がないようですので、借りたい方は早めに確保しておいて下さいね。

レストラン

f:id:usayoshi:20180507191329j:plain

テラス席もあってプールや海が見渡せます

ホテル内のレストランはメインダイニングの1つのみです。これだけ周りに何にも無いホテルなんですから、あと何個かレストランがあればいいなぁと思うんですが....そこが唯一の残念ポイントかな。

レストランのメニューは、昼はパスタやバーガーなどオーソドックスなランチメニュー、
夜はフレンチとポリネシアン料理をミックスしたような創作フレンチのメニューを提供しています。

なかでも絶対に食べてほしいのは、エスカルゴのガーリックバター焼き!特大のエスカルゴがぷりぷりで絶品です。
残ったガーリックバターオイルは、パンに付けて食べるのをお忘れなく。

プール

f:id:usayoshi:20180507191513j:plain

広々としたメインプールはこんな感じです。プールサイドのビーチベッドもかなりの数があったので、そのまで争奪戦にはならなそうかな。

お部屋紹介

部屋ランクは下から
スーペリアルーム(ホテルタイプ)、

デラックスルーム(ホテルタイプ)、

バンガロースイート(コテージタイプ)、

パノラミックバンガロースイート(コテージタイプ)

の4ランクです。

お値段もなかなか変わってくるので、「スーペリアルームでいいかな.....」となりがちかと思いますが、

是非、他を節約してでも、泊数を少なくしてでも、バンガロースイート以上のコテージタイプを選んで下さい。

その理由は言わずもがな、バルコニーからの景色。ビーチから繋がる川が全てのコテージの前を通っているので、バルコニーに出ると、川の優しいせせらぎと小鳥のさえずりが聞こえてくる。

f:id:usayoshi:20180507191756j:plain

オーシャンビューのホテルが数多くあれど、この森と川を望む景色はなかなかなく、このホテルだからこそ楽しめる景色なんです。めっちゃくちゃ癒されますよ。

お部屋内部はこんな感じ。ベッドルームとリビングスペースの2部屋スタイルです。

f:id:usayoshi:20180507191844j:plain

f:id:usayoshi:20180507191956j:plain

ベッドに寝転がっていても川と森が見えます

かくいう私たちも、最初はコテージタイプの値段にビビり、一番下のスーペリアルームを予約していましたが、オフシーズンである9月に宿泊したため部屋に空きがあり、なんとバンガロースイートにランクアップしてくれたんです。
いやーほんとラッキーだった。こんな幸運もあるので、オフシーズンのニューカレドニアもなかなかいいですよ。

www.tanebi-life.com

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ル・メリディアンイルデパンは、数多くのホテルに宿泊してきた私にとっても過去最高ランクの素晴らしさを誇るホテルでした。

何と言ってもその魅力は、素朴で温もり溢れるホテルデザインと他に類を見ない自然の絶景。
是非、日常を忘れて最高に穏やかなひと時を楽しんで下さいね。

この記事が少しでも役に立った!と思ったら、是非ブックマークやSNSでのシェアをお願いします。