幸せのタネは自分でまこう。

TANEBI

人生とは、幸せのタネをまく旅である。人生を、世界を、自在に旅しよう。

たったの12万円で驚きの満足度!3泊4日バリ女子旅の全プランを大公開

こんにちはうさよしです。

先日友達と女子旅の定番スポットバリ島に行ってきました。

楽チンな直行便を利用し、一流5つ星ホテルにも泊まり、買い物もスパも、高級ホテルのモーニングまで余すところなくバリを楽しんだ私達。

旅好きでこだわりの多いアラサー女二人のバリ旅、さぞ費用もかさんだのだろう...とお思いかと思いますが、

実は旅費と現地で使ったお金を合わせても12万円程度しかかかっていないんです。

どうです?びっくりしませんか?旅費が12万円なのではなく、現地で遊びまくったお金を入れてもこの値段ですよ?

というわけで、私達の3泊4日のバリ旅行の全プランと、それぞれにかかったお金をレポートして行きたいと思います。

 (※価格は読みやすさを考慮し全て日本円に換算後の値段としています。ルピアから日本円への変換レートは、2018年5月旅行時のRP120=1円を参考にしています。)

 

 

食べて遊んでスパをして....旅の予算はどれくらい?


1日目:到着、そして初めてのディナー

 エアアジアXの直行便で16時頃バリに着いた私達。早速タクシーで宿泊ホテルへと向かいます。

大型のタクシーでしたし、かつバリで初のタクシー利用ということで値切りもあまりせず、1時間ほど乗りタクシー代は1人833円でした。バリではかなり高めのタクシー代です。

 

さて、私達の宿泊ホテルはリンバジンバラン。あの有名なアヤナリゾート&スパの姉妹ホテルで、2013年に創業の超キレイな5つ星リゾートです。

到着早々、ホテルが素敵すぎてテンションがあがり、しばしに写真撮影タイムに。

f:id:usayoshi:20180523185524j:plain

ロビーからの夕日は絶景

 夕陽も落ち、すっかり夜になった頃、夕飯に出かけます。
私達がチョイスしたのは、ジンバランの市街地にあるめちゃくちゃお洒落なレストラン、「Balique(バリーク)」。フランス人オーナーが手がける、フレンチモロッコ風のインテリアがSNS映え間違いなしのお店です。

こちらでナシゴレンとインドネシア風カレーを注文し、2人でシェア。その他各自ドリンクを頼み、1人約1500円なり。バリはお洒落なお店でも、物価が日本の半額くらいなんです。

レストランの往復は呼んでもらったタクシーで、往復1人420円。 

www.tanebi-life.com

 

★1日目総額: 2753円★

割と長い時間タクシーに乗っていたり、超お洒落なレストランにも行きましたがこの値段です。
初日から大満足のプラン。うん、幸先良さそう。


2日目:スミニャックお買い物DAY

この日はお洒落エリアのスミニャックで1日中お買い物です。早速7時半ごろタクシーでスミニャックに向かいます。渋滞に巻き込まれながも、1時間ほどでスミニャックの目抜き通りに到着。1人420円。

 さて、まずは腹ごしらえ。スミニャックはレストランやカフェが朝8時ごろから空いているので、早めに行ってモーニングを食べるのがオススメです。

私達はホテル「アイズ・スミニャック」のダイニングである「メジャ・レストラン」にお邪魔しました。フルーツもコーヒーも付いて、エッグベネディクトセットがなんと600円。これぞバリ価格。

f:id:usayoshi:20180528190507j:plain

メニューはこんな感じ


さて、ここからは女子旅最大の楽しみ、ショッピングタイムです。それでは早速、購入したもの達をご紹介していきますね。

・屋台のおっちゃんから値切って買ったカゴカバン 1600円

・セレクトショップ「ビーチゴールド」で買ったワンピース2着 12600円

・おばちゃんから値切って買った本革のサンダル 1600円

・インテリアショップで買ったランチョンマット2枚 580円

・「アース・マーケット」のオーガニックチリフレーク 290円

・スーパーでばら撒き土産 1600円

 

さて、買い物にはレストランやカフェでの小まめ休憩がマストですよね。暑いバリとなればなおさら。最も気温が高くなる12〜3時頃は、暑すぎて10分歩いただけでヘロヘロ。熱中症には十分気をつけて下さい。
それでは早速私達が行ったお店をご紹介します。 

スミニャックのおすすめランチ&ディナー

①The Bistro

f:id:usayoshi:20180525085520j:plain

まずはランチから。初日に行った「Balique」のオーナーが経営するレストランです。2階建てのこのレストランは天井も高く、開放的な雰囲気。そして何よりインテリアがお洒落すぎるのなんのって。

絶品のハンバーガーとキャロットスムージーを頂きました。約1000円。 

www.tanebi-life.com

 

②バルバッコア

f:id:usayoshi:20180528190637j:plain

お次はディナー。スミニャックのメインエリアからは少し離れたところにあるこちらは、スタイリッシュなメキシカン料理のお店です。平日の夜でも欧米系の観光客でほとんど満席に近い賑わいぶりでした。

途中のカフェ休憩のおかげで軽めの食事となりましたが、ディナーなので2000円。

 スミニャックのおすすめカフェ

①Batik(バティック)

f:id:usayoshi:20180528190740j:plain

インスタでも有名なこちらのカフェ。明るい光が差し込み、モロッカンタイルやボタニカルグリーンが散りばめられた店内は女子に大うけ間違いなしです。

こちらでフルーツのスムージーを。250円。


②名前不明のお洒落カフェ

f:id:usayoshi:20180528190825j:plain

3時ごろ暑くて死にそうになり、近くにあったカフェに避難。チョコレートドリンクで糖分を摂取し、300円。

 

そんなこんなで、買い物しまくり、美味しいもの食べまくりのスミニャックDay。
ホテルまで1人375円で帰宅です。

 

★2日目総額: 23,205円★

セレクトショップ「ビーチゴールド」で購入したワンピ2枚が大きな出費となりましたが、大満足の買い物に超ハッピー。

ここまで一日遊び倒したら、日本だったらこの軽く倍はしますよね。

 

3日目:ブルガリバリ〜アヤナリゾートでの結婚式

 さて、この日は楽しみにしていた「ブルガリバリ」でのモーニングを食べに行きます。

リンバジンバランからは、タクシーで30分程度。1人375円。

ブルガリバリでのモーニングはもう本当に最高すぎたので、ぜひぜひ行ってみてください。たかが朝食でしょ?と侮ることなかれ。

素晴らしいホテルの雰囲気にも、味にもおもてなしにも、感動すること間違いなしです。

f:id:usayoshi:20180515084425j:plain

絶景を見ながらのモーニングは最高

そんな感動体験が出来るブルガリバリでのモーニングは、約3800円。

大満足でブルガリバリを後にし、またタクシーでホテルへと戻ります。こちらも行きと同じく1人375円。

www.tanebi-life.com

 

 さて、実は私達がバリに来た本当の目的は、友人の結婚式だったんです。

というわけで、ホテルに戻った後は身支度をしてリンバジンバランに隣接する姉妹ホテル「アヤナリゾート&スパ」に向かいます。

リンバとアヤナの間は無料のトロリーバスが巡回しているので移動も楽々。

アヤナリゾートで、素敵な結婚式に参加させて頂きました。

www.tanebi-life.com

 

 披露宴がお開きになった後は、友人達みんなでリンバジンバランに移動し、ルーフトップバー「Unique」で二次会を開催。

店内にはなんとプールがあって、飲んでる途中に入りたくなったらいつでもダイブできるというなんとも欧米な作りですw

ここでオリジナルカクテルやおつまみを頂いて、1人約3,300円。まあここはホテル価格ってかんじですね。

 

★3日目総額: 7,850円★

昼過ぎから夜にかけては結婚式のため出費はありませんでしたが、高級ホテルの朝食やバーを楽しんでもこの価格。ビババリ島。

 

4日目:フォーシーズンズジンバラン、そしてお待ちかねのSPA

さて私達のバリ旅も遂に最終日です。

今日も再び高級ホテルモーニングへ出掛けます。

 

今日の朝食会場は「フォーシーズンズジンバラン」。リンバからタクシーで10分くらいで到着します。1人250円。

フォーシーズンズでのモーニングは、圧倒的な食事の豊富さと美味しさが魅力。海が近い開放的なレストランで頂くことができます。こちらも大大大満足で、1人4300円。
朝食を楽しんだ後は、行きと同じく1人250円で、タクシーでホテルに戻ります。

www.tanebi-life.com

 

 さて、ホテルに戻った後は、この度始まってようやくののんびりタイム。ホテルのプールでのんびりすることに。

リンバのプールは計6個あるのですが、そのどれもが緑と鮮やかな花に囲まれ、そしてプールサイドのベッドやソファも豊富にあるので、最高のバカンス気分を味わうことができます。

もちろん、どの場所にいてもドリンクやフードを注文することが出来ます。これぞリゾートホテルの醍醐味ですよね。

f:id:usayoshi:20180523185259j:plain

花が咲き乱れる最高のプール

 

プールで遊んでお腹が空いた私達は、リンバ内の中華レストラン「アーヤットアバロン」でランチを取ることに。

実はこのホテル、アジア各国に進出している超有名中華料理店で、満を辞してリンバに出店しているようなんです。

こちらで、海鮮汁麺とピリ辛餃子を2人でシェア。まさに本場の味で、自分がバリ島にいることを忘れてしまうくらい。お値段は約1人1060円。

 

さて、旅の最終日の最大のコンテンツが、スパ。バリ島といったらやっぱりスパは外せませんよね。

私達がチョイスしたのは、ジンバランにあるこじんまりとしたホテルの中にある「カユマニススパ」です。

こちらのスパ、基本的には全メニュー送迎付きなので、宿泊ホテルやお出かけ先までスパの方がお迎えに来てくれるんです。

f:id:usayoshi:20180527164429j:plain

スパルームは清潔でハイセンス

 さて、スパメニューですが、90分の「リラクシング・マッサージ」をお願いしました。

4種類のオイルから好きな香りを選んで、そのオイルを使ってのマッサージ。強すぎず弱すぎない絶妙な力加減で、遊び疲れた身体をマッサージしてもらいます。

は〜、本当に気持ちよなった〜。

施術の後はジンジャーティーとクッキーも頂き、ほわわ〜んとした気持ちのままホテルまで送ってもらいました。

www.tanebi-life.com

 さて気になるスパのお値段ですが、こちらのカユマニススパはその技術の高さから、90分のリラクシングマッサージで定価103万ルピア(約8500円)です。

う〜ん、決して安いとは言えない......

ですが私達、なんとこのスパを半額で予約することが出来たんです。つまり1人4250円。どうです、安いでしょう??

私達が利用した予約サイトは、「バリ歩き」というサイト。

一部のホテルやメニューでPAY1 for2というキャンペーンをやっていまして、つまり「1人分の料金で2人分の施術をします!」というよくわからんお得キャンペーンなんですw

これを発見し、早速使わせて頂きました。ほんとに半額なの!?と半信半疑でしたが、HPに表示されている以外のお金は1円も取られませんでした。

恐るべし、バリ歩き。

 

さて、16時ごろホテルに戻った私達。旅の最後を締めくくるのは、アヤナリゾート内にある大人気バーのロックバーです。

通常ですとサンセットの時間を狙って他ホテルの宿泊者も殺到し行列となりますが、アヤナとリンバの宿泊者だと席の予約が出来るんです。

というわけで是非、チェックインの際に予約をしてみてくださいね。

夕日を狙い17時に予約した私達。絶景を見ながら、最高だったバリ旅を振り返りながら旅を締めくくりました。

カクテル数杯とおつまみを頼み、1人約1600円。

f:id:usayoshi:20180523191251j:plain

絶景を見ながらの一杯は最高

 ホテルに戻り、深夜フライトの準備を済ませたら、タクシーで空港に向かいます。

ホテルから空港は、ガイドブック上では2〜30分程度となっていますが、バリ島はどの時間でも交通渋滞がひどいので、この倍はかかると思っておいてください。

私達も1時間かけて空港に到着しました。1人670円。

www.tanebi-life.com

 

 深夜発の格安LCCエアアジアXに乗り込み、これにて3泊4日のバリ女子旅は終了です。

 

★4日目使った総額:12,380円★

 

現地費用総額まとめ

 さて、これだけ4日間遊び倒して、現地で使ったお金は総額で43,435円でした。

4日間、欲望の赴くままに美味しいものを食べまくり、買い物もしまくってもこの価格です。バリ島ありがとう。泣

 

気になる航空券+ホテル代は?


さて、旅の予算を決める最重要ポイント「航空券とホテル代」ですが、3泊4日のバリ旅行、直行便利用で5つ星ホテル宿泊で、なんと63,394円だったんです。

えー!?下手したら国内旅行より安くないか〜!?とお思いかと思いますが、その秘密は以下の通り。

 

格安LCCエアアジアXを利用


まずはこれですね。成田-バリ島の直行便を就航している大手LCCエアアジアXを使用したことが、旅費を安く出来た一番の要因です。
LCCだと、正規の航空会社のリアルに3分の1から半額くらいの値段で利用することが出来るんです。これは使うしかない。
エアアジアXの搭乗レポートは以下記事にまとめていますので是非どうぞ。

www.tanebi-life.com

 

予約サイトエクスペディアをフル活用

そして、肝心の航空券とホテルの予約は「エクスペディア」で行いました。
エクスペディアは、インターネットでの予約しか受け付けておらず、旅慣れている人でないと利用するのが不安....という方もいるかもしれませんが、フライトの時間指定もできるし、ホテルの部屋ランクまで指定できるので、大手旅行会社によくある「出発数日前までフライトの時間がわからない問題」はまず起こりません。
フライトやホテルにこだわりたい方や、忙しい合間を縫って旅行に行く方にぴったりの予約サイトなんです。

しかもこのエクスペディア、時々セット割っていうのをやっておりまして、例えば「ホテル代半額!」とか、「航空券と同時予約でホテル代全額無料!」とかわけわからん爆安セールを時々開催しているのです。
そのおかげで、上手くセール中のホテルを見つけられれば、ほとんど無料でホテルに泊まることもできちゃうんですね。
私達はリンバジンバランがセールの時期を狙って予約しました。その甲斐もあって、航空券+ホテル代が衝撃的な安さに抑えられたというわけです。

 

お財布にも優しいバリで女子旅を

いかがでしたでしょうか。アジアの高級リゾートのイメージがあるバリ島ですが、たったの12万円で大満足の女子旅が出来ちゃうんです。
みなさんも是非、次のご旅行先にはバリ島を検討してみて下さいね。

この記事が役に立った!という方は、ブックマークかSNSでのシェアをお願いします。